チャンピックスは禁煙を補助するための飲み薬

チャンピックスの効果と服用期間

チャンピックスは禁煙を補助するための飲み薬です。バレニクリンという有効成分が含まれています。禁煙によるイライラや不安をといった離脱症状を軽減すると同時に、たばこをまずく感じさせる効果があります。

ニコチンパッチより禁煙効果が高いと言われています。重い不整脈を患っている人や、脳血管疾患の急性期の人など、ニコチンパッチが使えない場合でも使えるのが特長です。

チャンピックスを使う際は、医師の指導のもと、治療期間を守って使います。

一般的に、初回の診察時にスタート用パックが処方されます。最初の7日間は、喫煙しながら薬を飲んでも問題ありません。8日目から喫煙をやめ、12週間薬を飲み続けます。

チャンピックスは4日目以降から服用量を増やします。そのため、吐き気や頭痛、便秘といった副作用が出る場合もあるので注意が必要です。食後に飲むようにすれば、副作用のリスクを減らせます。

ニコチンパッチを使った治療に比べてコストがかかります。しかし、服用期間である12週間に、タバコを1日1箱買い続けるよりも費用を抑えられるのです。

チャンピックスは喫煙による快感を感じにくくさせる

チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは2つの効果があります。1つはニコチンを摂らないことによる離脱症状を抑える効果、もう1つは、ニコチンが体に働きかけるのを妨げる効果です。

ニコチンは脳の受容体と結合するとドーパミンを放出します。ドーパミンが放出されると快感を感じるため、ニコチンを摂取すると気分がよくなります。しかしニコチンには依存性があり、摂取し続けているとやめるのが難しくなるのです。

チャンピックスはニコチンよりも少量のドーパミンを放出させる作用があります。その作用によって、禁煙によるストレスを軽減する効果があるのです。

また、チャンピックスはニコチンが脳の受容体と結合するのを防ぐ効果があります。ニコチンが結合しなければドーパミンが放出されず、快感も得られません。そのため、タバコを吸っても満足感を得られなくなり、タバコを吸いたいという気持ちを抑制するのです。

チャンピックスは、患者に禁煙するという意志があり、診察の結果ニコチン依存症と診断された場合、保険適用となります。

ニコチン依存症を判定するテストの結果が5点以上、1日の喫煙本数と喫煙年数をかけて200以上の場合、ニコチン依存症と診断されます。

チャンピックスは医師の処方のもと正しく使う

チャンピックスは、ニコチンが含まれていない禁煙補助薬です。

タバコを吸うと、ニコチンが脳の受容体に結合し、ドーパミンが放出されることで満足感が得られます。

喫煙が習慣化している人が、禁煙をはじめてニコチンを摂らない状態が続くと、イライラや不安を感じるようになります。

チャンピックスはニコチンの代わりに少量のドーパミンを放出することで、禁煙によるストレスを軽減する効果があるのです。

ただし、妊婦や高齢者、未成年者が使う場合は安全性が確立されていないため、医師に相談して慎重に使う必要があります。また、精神疾患や肝臓疾患を患っている人も注意が必要です。

チャンピックスは、他の薬との飲み合わせに注意して使いましょう。

早く効果を得たいからと言ってチャンピックスと他の禁煙補助薬と併用してはいけません。効果が上がる分、副作用の発症率も上がります。また、胃薬のシメチジンと併用した場合も、薬が吸収されすぎてしまい、副作用のリスクが高まります。

チャンピックスの処方を受ける際は、現時点で服用している薬を医師に報告しましょう。飲み方でわからないことがある場合、自己判断せず、医師や薬剤師に相談し、安全に禁煙治療をおこないましょう。

最初はタバコを吸いながら飲んでもいい

チャンピックは禁煙を助ける飲み薬です。決められたスケジュールを守って服用することで、無理のない禁煙ができます。

チャンピックで禁煙治療を行う場合、まず禁煙を始める日を決めます。その7日から5日前から0.5mgの錠剤を1日1回飲みます。飲むタイミングは、食後であればいつでも構いません。禁煙を始める4日から1日前までは0.5mg錠を1日2回、朝食後と夕食後に飲みます。

薬を飲み始めて8日目から禁煙を始めます。以降は薬を1mg錠に切り替え、1日に2回服用します。服用期間は12週間です。

はじめの1週間はタバコを吸っても問題ありません。チャンピックスを飲んでいると、段々タバコを吸ってもおいしくないと感じるようになり、無理なく禁煙が続けられるのです。