チャンピックスで注意したいめまいやむくみ

チャンピックスの副作用として気をつけたい意識障害

チャンピックスの副作用には意識障害があります。意識障害とは、めまいや眠気です。

これらの副作用が生じるため、チャンピックスを使用する場合、服用する時間帯の考慮が必要となります。

例えば、自動車の運転や高所での作業前は、チャンピックスの服用が禁止されています。事故を引き起こしてしまう危険があるからです。服用後は安静にしましょう。

また、チャンピックスは人によって相性が異なります。

例えば、うつ病に悩まされている人や、精神疾患を持っている人は、意識障害を強めてしまう可能性が高いです。そういった人は、チャンピックスは合っていないといえます。

チャンピックスが合わない場合は、別の禁煙方法を選びましょう。

他の禁煙方法としては、ニコチンパッチ・ニコチンガム・禁煙パイプなどがあります。

チャンピックスの副作用として気をつけたい血管浮腫

チャンピックスの副作用には、ホルモンの異常によるむくみが挙げられます。

このむくみは、心臓疾患や腎臓疾患とも関連性が高いです。

血液や体液の浸透圧のバランスが乱れることによって、むくみが生じます。

個人差はあるものの、手足や顔などといった、身体の末端部分に水がたまって腫れてしまうのです。

この状態になると、ズボンが上手く履けなくなるなど、日常生活に支障をきたします。

短時間でもむくみを感じれば、医師の診察を受けましょう。

むくみを放置すると、重症化し、水分の制限などの治療が必要に必要になります。そのため、身体の不調を感じた段階で医療機関に行きましょう。

また、用法用量を守り、正しく飲むことも重要です。これらが守られていないと、副作用を強めてしまうのです。