チャンピックスで注意したい肝臓疾患やうつ状態

チャンピックスの副作用として気をつけたい肝臓障害

チャンピックスの副作用では、肝機能障害が出る可能性があります。

チャンピックスは、ニコチンを含まない禁煙治療薬として高く評価されています。しかし、肝機能障害が生じる可能性があり、肝臓疾患を持っている人は、注意が必要です。

具体的な症状は、食欲の低下や吐き気です。

他にも、黄疸、呼吸困難などの症状もあるのです。

服用後にこうした症状がある場合は、医師にきちんと報告をするようにしましょう。

また、肝機能障害の初期症状としては、体がだるい、疲れやすいといった倦怠感が生じます。

そうした症状も見逃さないようにしましょう。

状態によっては、チャンピックスの服用は控えた方が良いケースもあります。身体に異変が出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。

肝臓は生体にとって欠かせない役割を持っています。

肝機能が落ちることで、健康を著しく害する危険があるのです。絶対に放置しないようにしましょう。

チャンピックスの副作用として気をつけたい精神障害

チャンピックスの副作用には、精神障害もあります。

自殺願望を持ったり、実際に自殺行動を起こしまったりする場合があるのです。

チャンピックスを服用した後、気分がすぐれず、うつ症状が続く場合には注意が必要です。

しかし、禁煙中ということで、精神的に不安定になっている可能性も考えられます。

必ずしも薬の影響というわけではありません。

しかし、こうした精神状態を放置することで、本格的にうつ病に移行してしまう可能性もあるのです。

うつ病になると、その症状を改善するため、さらに他の薬が必要になります。

場合によっては治療にも時間がかかってしまい、日常生活に支障をきたす可能性も高いです。

うつ病になると、禁煙どころではなくなってしまいます。

そうならないためにも、精神障害の症状が出れば、すぐに医師に相談をする必要があるのです。