チャンピックスで注意したい肝臓疾患やうつ状態

チャンピックスの副作用として気をつけたい肝臓障害

チャンピックスの副作用では、肝機能障害が出る可能性があります。

チャンピックスは、ニコチンを含まない禁煙治療薬として高く評価されています。しかし、肝機能障害が生じる可能性があり、肝臓疾患を持っている人は、注意が必要です。

具体的な症状は、食欲の低下や吐き気です。

他にも、黄疸、呼吸困難などの症状もあるのです。

服用後にこうした症状がある場合は、医師にきちんと報告をするようにしましょう。

また、肝機能障害の初期症状としては、体がだるい、疲れやすいといった倦怠感が生じます。

そうした症状も見逃さないようにしましょう。

状態によっては、チャンピックスの服用は控えた方が良いケースもあります。身体に異変が出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。

肝臓は生体にとって欠かせない役割を持っています。

肝機能が落ちることで、健康を著しく害する危険があるのです。絶対に放置しないようにしましょう。

チャンピックスの副作用として気をつけたい精神障害

チャンピックスの副作用には、精神障害もあります。

自殺願望を持ったり、実際に自殺行動を起こしまったりする場合があるのです。

チャンピックスを服用した後、気分がすぐれず、うつ症状が続く場合には注意が必要です。

しかし、禁煙中ということで、精神的に不安定になっている可能性も考えられます。

必ずしも薬の影響というわけではありません。

しかし、こうした精神状態を放置することで、本格的にうつ病に移行してしまう可能性もあるのです。

うつ病になると、その症状を改善するため、さらに他の薬が必要になります。

場合によっては治療にも時間がかかってしまい、日常生活に支障をきたす可能性も高いです。

うつ病になると、禁煙どころではなくなってしまいます。

そうならないためにも、精神障害の症状が出れば、すぐに医師に相談をする必要があるのです。

チャンピックスで注意したいめまいやむくみ

チャンピックスの副作用として気をつけたい意識障害

チャンピックスの副作用には意識障害があります。意識障害とは、めまいや眠気です。

これらの副作用が生じるため、チャンピックスを使用する場合、服用する時間帯の考慮が必要となります。

例えば、自動車の運転や高所での作業前は、チャンピックスの服用が禁止されています。事故を引き起こしてしまう危険があるからです。服用後は安静にしましょう。

また、チャンピックスは人によって相性が異なります。

例えば、うつ病に悩まされている人や、精神疾患を持っている人は、意識障害を強めてしまう可能性が高いです。そういった人は、チャンピックスは合っていないといえます。

チャンピックスが合わない場合は、別の禁煙方法を選びましょう。

他の禁煙方法としては、ニコチンパッチ・ニコチンガム・禁煙パイプなどがあります。

チャンピックスの副作用として気をつけたい血管浮腫

チャンピックスの副作用には、ホルモンの異常によるむくみが挙げられます。

このむくみは、心臓疾患や腎臓疾患とも関連性が高いです。

血液や体液の浸透圧のバランスが乱れることによって、むくみが生じます。

個人差はあるものの、手足や顔などといった、身体の末端部分に水がたまって腫れてしまうのです。

この状態になると、ズボンが上手く履けなくなるなど、日常生活に支障をきたします。

短時間でもむくみを感じれば、医師の診察を受けましょう。

むくみを放置すると、重症化し、水分の制限などの治療が必要に必要になります。そのため、身体の不調を感じた段階で医療機関に行きましょう。

また、用法用量を守り、正しく飲むことも重要です。これらが守られていないと、副作用を強めてしまうのです。

チャンピックスの消化器や皮膚への副作用

チャンピックスの消化器への副作用

チャンピックスを飲むと、吐き気や嘔吐といった副作用があらわれます。

他にも便秘や下痢、口内炎などの症状が起こります。また、胃の不快感や胸やけも生じる可能性が高いです。

チャンピックスは消化器への副作用が生じやすく、抑えようのない強力な吐き気に苦しむ場合もあります。

このような症状は、服用量を1mgに増やす2週目以降に起こりやすいです。

これらの副作用は、実際に胃腸に障害があるわけではなく、脳内で神経伝達物であるドーパミンが放出されることで生じます。

副作用を抑えるために吐き気止めを処方されます。しかし、吐き気が強すぎて嘔吐してしまい、吐き気止めを服用できない場合があるのです。

このような吐き気や嘔吐がある場合、チャンピックスの1回の量を減らしましょう。量を減らしても、継続して服用することで、チャンピックスは効果を発揮します。

チャンピックスの皮膚や粘膜への副作用

チャンピックスを飲むと、発疹や肌荒れなどの皮膚過敏症状が副作用として起こります。

かゆみなどのアレルギー症状も出ます。

他にも顔や口内の腫れ、じんましん、息苦しさといった副作用もあるのです。
また、皮膚や白眼が黄色くなる黄疸の症状(肝機能障害)もあります。

肝機能障害の副作用が生じた場合は、すぐにチャンピックスの服用を中止して医師の診察を受けましょう。

他にも、血管浮腫や、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑などの重大な副作用がまれにあらわれます。このような場合も、必ず受診して適切な処置を受けましょう。

妊娠中または授乳中の人、腎臓の病気や精神疾患の治療をしている人は、服用できません。

あらかじめ、お薬手帳などで飲んでいる薬剤を管理しましょう。

チャンピックスは消化器への副作用が生じやすく、抑えようのない強力な嘔吐に苦しむ場合もあります。

このような症状は、服用量を1mgに増やす2週目以降に発症しやすいです。

これらの副作用は、実際に胃腸に障害があるわけではなく、脳内で神経伝達物であるドーパミンが放出されることで生じます。

副作用を抑えるために吐き気止めを処方されます。しかし、吐き気が強すぎて嘔吐になり、吐き気止めを服用できない場合があるのです。

このような吐き気や嘔吐がある場合、チャンピックスの1回の量を減らしましょう。量を減らしても、継続して服用することで、チャンピックスは効果を楽器します。”