チャンピックスの消化器や皮膚への副作用

チャンピックスの消化器への副作用

チャンピックスを飲むと、吐き気や嘔吐といった副作用があらわれます。

他にも便秘や下痢、口内炎などの症状が起こります。また、胃の不快感や胸やけも生じる可能性が高いです。

チャンピックスは消化器への副作用が生じやすく、抑えようのない強力な吐き気に苦しむ場合もあります。

このような症状は、服用量を1mgに増やす2週目以降に起こりやすいです。

これらの副作用は、実際に胃腸に障害があるわけではなく、脳内で神経伝達物であるドーパミンが放出されることで生じます。

副作用を抑えるために吐き気止めを処方されます。しかし、吐き気が強すぎて嘔吐してしまい、吐き気止めを服用できない場合があるのです。

このような吐き気や嘔吐がある場合、チャンピックスの1回の量を減らしましょう。量を減らしても、継続して服用することで、チャンピックスは効果を発揮します。

チャンピックスの皮膚や粘膜への副作用

チャンピックスを飲むと、発疹や肌荒れなどの皮膚過敏症状が副作用として起こります。

かゆみなどのアレルギー症状も出ます。

他にも顔や口内の腫れ、じんましん、息苦しさといった副作用もあるのです。
また、皮膚や白眼が黄色くなる黄疸の症状(肝機能障害)もあります。

肝機能障害の副作用が生じた場合は、すぐにチャンピックスの服用を中止して医師の診察を受けましょう。

他にも、血管浮腫や、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑などの重大な副作用がまれにあらわれます。このような場合も、必ず受診して適切な処置を受けましょう。

妊娠中または授乳中の人、腎臓の病気や精神疾患の治療をしている人は、服用できません。

あらかじめ、お薬手帳などで飲んでいる薬剤を管理しましょう。

チャンピックスは消化器への副作用が生じやすく、抑えようのない強力な嘔吐に苦しむ場合もあります。

このような症状は、服用量を1mgに増やす2週目以降に発症しやすいです。

これらの副作用は、実際に胃腸に障害があるわけではなく、脳内で神経伝達物であるドーパミンが放出されることで生じます。

副作用を抑えるために吐き気止めを処方されます。しかし、吐き気が強すぎて嘔吐になり、吐き気止めを服用できない場合があるのです。

このような吐き気や嘔吐がある場合、チャンピックスの1回の量を減らしましょう。量を減らしても、継続して服用することで、チャンピックスは効果を楽器します。”